ホーム > ニュース > テレビ・ドラマ > ドラマ

【インタビュー】 ドラマ『ハイド・ジキル、私』(原題)主演ヒョンビン、「完全に両極端のキャラクターを見る面白さがある」

2015年05月25日 18:34

4年ぶりの待望の復帰作である『ハイド・ジキル、私』で主演を演じたヒョンビンのインタビューが公開された。

2010年の大ヒットドラマ『シークレット・ガーデン』以来、約4年ぶりのヒョンビン主演で注目を集めている本作。ふたつの人格をもつ御曹司と、そんな彼と恋に落ちた女性の“不思議な三角関係”を描く。

何といっても見どころは『私の名前はキム・サムスン』『シークレット・ガーデン』以上に魅力的なヒョンビンのツンデレ演技。気難しく高慢な “性格難アリ”御曹司のソジンと困っている人がいたら放っておけない、微笑をたやさない心優しい青年ロビン。まったく正反対の人格を硬軟自在に演じ分けている。

ク・ソジン(ヒョンビン)は韓国最大規模のホテルとテーマパークを持つワンダーグループの一人息子でワンダーランド常務。ワンダーランドはソウルのランドマークだ。毎日が楽しい遊園地、夢と遊び心に満ちる世界。みんなが幸せになるこの遊園地で、365日全く楽しくもなく感動もしない唯一の人間。

財閥家3世なのに、まるで修行僧、否ゾンビのように生きている。酒もたしなまず賭博もしない。運転も外泊も外出も滅多にしない。当然ながら恋も結婚もしない。見た目も申し分なく若く裕福で家柄もよく、遊園地の永久無料利用権を所有するこの男は、一体なぜこんな生き方をしているのか。

ロビン(ヒョンビン)はソジンのもう一つの人格。澄んだ眼差し、好印象、和みの微笑。見た目とは逆のスピーディでアンビリーバブルなパワーと戦いの術を持つ男。さらに美しい心根と配慮が行き届いた繊細さと、多情多感な言葉使いにマナーまで完備。彼にないものがあるとしたら、それはただひとつ、独りでは存在できないということ。24時間365日存在し続けることはできず、与えられた時間は限られている。だから一層致命的だ。彼にいつまた会えるか分らないのだから。

Q:「ハイド・ジキル、私」に出演することになったきっかけを教えてください。

この作品の前に「王の涙-イ・サンの決断-」という映画を終え、久しぶりにドラマに復帰して皆さんとお目にかかるので暗い内容よりは明るい内容を選択したかったんです。二重人格という部分に惹かれました。皆さんにご覧いただく時に、様々な姿を一つのドラマで見ていただけたらと思って選択しました。

Q:ヒョンビンさんが演じるク・ソジンとロビンの紹介をお願いします。

ク・ソジンというキャラクターはワンダーランドという韓国最大規模のテーマパークの常務という役柄です。そして自分が生きて行く中で、人と壁を作り1人だけの世界で生きていく、ある意味、一番多くの物を持っているが、一番寂しく生きている人物です。そして正反対のロビンという人物は、ク・ソジンという人物の中のまた別の人格で、ク・ソジンとは正反対の人物です。ロビンはずっと明るく、人ともよく会い、視聴者が見ると完全に両極端のキャラクターを見る面白さがあると思います。

Q:ソジンとロビンについて、実際のヒョンビンさんと似ている点、違う点、共感できるところは?

そうですね。ソジンのように行動していたら周辺に人はいなくなるでしょうね(笑)そうだとしても、ロビンのようにいつも明るくはできないと思います。つまり、どんな人でも、目立たないかもしれないけれど、色んな面がそれぞれにあるのではないでしょうか。そうしたことがさらに極大化してもう少し激しく現れると解離性同一性障害と言われますが、人は皆自分自身でも分からない、自分の中に違う姿があるのではないかと思います。

Q:ハン・ジミンさんとは、映画「王の涙-イ・サンの決断」でも共演されましたが、相手役がハン・ジミンさんに決まって気持ちはいかがでしたか?

映画「王の涙-イ・サンの決断-」では、私と正反対の勢力の親分として出てきたので、現場でさえも会話する機会もほとんどありませんでした。撮影中はずっと神経を使わなければならない状況でしたし、撮影期間中、ジミンさんとの撮影シーンが多くなかったんです。3、4回、現場で会ったでしょうか。いつか違う作品で出会えたらいいなと思っていた矢先にこの作品で共演でき、今は全く違う雰囲気で撮影しています。

Q:催眠医学士のユン・テジュの役のソンジュンさんはヒョンビンさんの事務所の後輩ですが、ドラマの中では対立する関係ですよね。はじめて一緒に演技をした感想は?

かなり心配していました。年も若く、ユン・テジュという人物の隠れている多くの役割をどのように表現していくか心配でしたが、それは取り越し苦労でした。現場でもとても大変だったはずなのに、憂いの表情もなく、熱心に黙々と引き受けた任務をこなしていたので共演者として僕も嬉しく思いました。

Q:最後に「ハイド・ジキル、私」をご覧になる日本の視聴者の皆さんにドラマの見どころ、メッセージをお願いします。

「ハイド・ジキル、私」がKNTVで日本初放送されることになりました。全く違う二つの人格、やつれた面と限りなく優しく純粋な面を持っている1人の男性と1人の女性のロマンスを描いた作品です。2つの人格を見ることができるという点も興味深いかもしれませんし、今までのドラマになかった一つのジャンルだと思います。楽しんでいただけると思いますので多くの関心をお願いします。

『ハイド・ジキル、私』(原題)
KNTVにて6月20日(土)日本初放送スタート
毎週(土・日)午後10:00~11:15ほか

KNTVではスペシャルサイトにて見どころ紹介番組を公開中。見どころ紹介番組の感想を書いてくださった方の中から抽選でオリジナルクリアファイルが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!
詳しくは番組公式HPへhttp://www.kntv.co.jp/hyde

メールマガジンを購読する  

ヘッドライン

スター 2019年08月05日 14:44

Wanna One出身メンバーら、解散後半年過ぎた現在の活動まとめ!

Mnet「プロデュース101」シーズン2を通じ2017年8月にデビュー、超大型新人グループとして大きな人気を博したWanna One。昨年12月に契約期間が終了し、約1年6カ月にわたる活動を惜しまれつつ終えたWanna Oneのメンバーらの解散後半年過ぎた現在の活動についてまとめてみました。

ヘッドライン 2019年08月01日 00:29

東方神起、サマーソング本日発売!

31日、東方神起のニューシングル『Hot Hot Hot』がリリースされた。

ヘッドライン 2019年07月25日 12:07

「YG宝石箱」から誕生” 新人ボーイズグループ「TREASURE 13」、デビューが事実上延期に

YGエンターテインメント(以下、YGエンタ)の新人ボーイズグループTREASURE 13のデビューが事実上延期となった。

発表・告知 2019年07月16日 14:34

《WEBサイト移行のお知らせ》NY発のKpopStarz日本語版のnewサイト「Smashing!」オープン!

NY発のKpopニュースサイトKpopStarz日本語版のnewサイト「Smashing!(スマッシング)」オープン!

ヘッドライン 2019年07月15日 01:05

SUPERNOVA ジヒョク&グァンス&ゴニル、プロダクション尾木と契約締結・・・KARA出身ハラと同じ所属に

SUPERNOVAのジヒョク、グァンス、ゴニルが、仲間由紀恵、KARA出身のハラらが所属する日本のプロダクション尾木と契約を締結したことが伝えられ、話題だ。

ヘッドライン 2019年07月14日 01:31

BIGBANG T.O.P、除隊後の心境を公開「反省しながら生きる・・・すべてのファンに深い感謝」

BIGBANGのT.O.Pが、除隊後の心境を自身のSNSで公開し、話題だ。

ヘッドライン 2019年06月22日 20:41

CNBLUE ジョン・ヨンファ、Happy Birthday!世界中のファンがお祝い、フィルムコンサートも!

6月22日は、CNBLUE ジョン・ヨンファの誕生日だ。所属事務所であるFNCエンターテイメントは、公式SNSを通じてヨンファの誕生日であることを知らせ、「ジョン・ヨンファの誕生日を祝ってください」とコメントと共に、軍服姿のヨンファの近況写真を公表した。

発表・告知 2019年05月29日 23:19

SHINeeテミン、『FILA』とコラボレーショングッズを発売

SHINeeのテミンが初の全国アリーナツアー「TAEMIN ARENA TOUR 2019 〜X™️〜」でカジュアルファッションで人気のブランド『FILA』とのコラボレーションを実現した

発表・告知 2019年05月29日 00:22

東方神起ユンホ、初ソロアルバム「True Colors」6月12日発売!

ユンホは6月12日、全6曲が収録された初のミニアルバム「True Colors」を発売して本格的なソロ活動を開始する予定だ。

ヘッドライン 2019年04月23日 01:04

FTISLANDイ・ホンギ、ファンに感謝「大きな力をもらった」

22日夜、FTISLANDのイ・ホンギが自身のインスタグラムを更新してファンに感謝を伝えた。「おかげさまで、大きな力をもらいました。ありがとうございます」

アクセスの多い記事

Real Time Analytics