ホーム > ニュース > ニュース > ヘッドライン

BIGBANGの"D-LITE (ディライト)"、"宴会企画"第2弾!配信限定EP『でぃらいと 2』がiTunes, mu-moで1位獲得!!

2017年10月13日 02:14

現在、全国18都市39公演8万8,000人動員の"トーク&ライブ"ソロホールツアー【DなSHOW Vol.1】(読み:ディーナショウ ヴォリューム ワン)を開催中のBIGBANGのボーカリスト"D-LITE (ディライト)"。

12日(木)、そのD-LITEの配信限定EP『でぃらいと 2』がリリースされ、iTunes総合トップアルバム1位、mu-moアルバムダウンロードリアルタイムランキング1位を獲得するなど発売初日から好スタートを切った。

この配信限定EP『でぃらいと 2』は、ソロ大人気曲「ナルバキスン (Look at me, Gwisun)」を収録し、オリコンアルバム週間ランキング1位を記録した"宴会企画"ミニアルバム『でぃらいと』(2014年10月発売)の第2弾作品で、前作同様にオリジナル新曲と日本の名曲カバーで構成された4曲入り。今回のオリジナル新曲として制作されたM-1「あ・ぜ・ちょ!」は、4月リリースの最新ミニアルバム『D-Day』収録曲「VENUS」でもタッグを組んだ、"いきものがかり"水野良樹による作詞・作曲書き下ろし楽曲。タイトルからして目をひくこの「あ・ぜ・ちょ!」は、「ナルバキスン (Look at me, Gwisun)」同様、一度聴いたら誰もが口ずさみたくなるメロディと歌詞で、ライブでも大好評を博すこと間違いなしの渾身のアップナンバーとなっている。

そして、今回数多の日本の名曲の中からD-LITEがカバーに挑んだのは、鈴木雅之「違う、そうじゃない」(1994年発売)と尾崎紀世彦「また逢う日まで」(1971年発売)の2曲。さらに"ドリカムを愛するアーティストが思い入れのあるドリカムソングをカバーするアルバム"『The best covers of DREAMS COME TRUE ドリウタ Vol.1 』(2017年7月発売)に参加した際の「笑顔の行方」も収録されている。

前述のとおり現在D-LITEは、"トーク&ライブ"全国ソロホールツアー【DなSHOW Vol.1】の真っ最中。ソロ活動の集大成として臨んだ4月のドームツアーが大盛況のうちに幕を閉じたことを受け、支え続けてくれるファンへより近い距離で感謝の気持ちを伝えたいという本人たっての希望から、2013年にソロ活動をスタートさせたD-LITEの原点ともいえるホール規模でのツアー開催となるこの【DなSHOW Vol.1】は、10月31日(金)の神戸公演まで続くほか、ツアーファイナルのハワイ公演【DなSHOW Vol.1 THE FINAL in HAWAII】は2018年1月6日(土)・7日(日)に HAWAII THEATERで開催予定となっている。

さらにBIGBANGとしては、11月より"海外アーティスト史上初の5年連続日本ドームツアー"【BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-】を開催する。「LAST DANCE」という意味深いタイトルが銘打たれた本ツアーは、メンバー4人の入隊が来年早々にも見込まれているなか、BIGBANGとして入隊前最後のツアーとも囁かれており、今後の動向に注目が集まっている。【BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-】は11月18日(土)・19日(日)福岡 ヤフオク!ドーム公演を皮切りに、11月23日(木)・24日(金)・25日(土)京セラドーム大阪、12月2日(土)・3日(日)ナゴヤドーム、12月6日(水)・7日(木)・13日(水)東京ドーム、12月21日(木)・22日(金)・23日(土)京セラドーム大阪の全4都市13公演、総動員数は64万6,000人という規模での開催が予定されている。

またこのドームツアーに合わせ、【BIGBANG SPECIAL EVENT】の同時開催も決定。このスペシャルイベントは、12月13日(水)東京ドームと12月23日(土)京セラドーム大阪の計2か所2公演。メンバー4人のトークセッションと数曲のパフォーマンスが楽しめる約60分で、昨年開催された【BIGBANG SPECIAL EVENT -HAJIMARI NO SAYONARA-】に続く感動的なイベントとなることは必至だ。

配信限定EP『でぃらいと 2』D-LITE (from BIGBANG)"宴会企画"第2弾配信限定EP『でぃらいと 2』2017.10.12 Digital Release
1. あ・ぜ・ちょ!
2. 違う、そうじゃない
3. また逢う日まで
4. 笑顔の行方

ダウンロード[iTunes] https://itunes.apple.com/jp/album/id1293568931?app=itunes&ls=1[mu-mo] http://q.mu-mo.net/of/dlite_171012/[レコチョク] http://recochoku.jp/album/A2001090277/
ストリーミング再生[APPLE MUSIC] https://itunes.apple.com/jp/album/id1293568931?app=apple&ls=1[LINE MUSIC] https://music.line.me/launch?target=album&item=mb00000000014d8fe3&cc=JP[Spotify] http://open.spotify.com/album/7DygOgf4aKFRAscArbzIoz

BIGBANG OFFICIAL HOME PAGEhttp://ygex.jp/bigbang/
BIGBANG OFFICIAL FANCLUB [VIP JAPAN]https://vip.fc.avex.jp/
BIGBANG OFFICIAL MOBILE SITE [BIGBANGWORLD] http://bigbang-world.com/

メールマガジンを購読する  

ヘッドライン

スター 2019年08月05日 14:44

Wanna One出身メンバーら、解散後半年過ぎた現在の活動まとめ!

Mnet「プロデュース101」シーズン2を通じ2017年8月にデビュー、超大型新人グループとして大きな人気を博したWanna One。昨年12月に契約期間が終了し、約1年6カ月にわたる活動を惜しまれつつ終えたWanna Oneのメンバーらの解散後半年過ぎた現在の活動についてまとめてみました。

ヘッドライン 2019年08月01日 00:29

東方神起、サマーソング本日発売!

31日、東方神起のニューシングル『Hot Hot Hot』がリリースされた。

ヘッドライン 2019年07月25日 12:07

「YG宝石箱」から誕生” 新人ボーイズグループ「TREASURE 13」、デビューが事実上延期に

YGエンターテインメント(以下、YGエンタ)の新人ボーイズグループTREASURE 13のデビューが事実上延期となった。

発表・告知 2019年07月16日 14:34

《WEBサイト移行のお知らせ》NY発のKpopStarz日本語版のnewサイト「Smashing!」オープン!

NY発のKpopニュースサイトKpopStarz日本語版のnewサイト「Smashing!(スマッシング)」オープン!

ヘッドライン 2019年07月15日 01:05

SUPERNOVA ジヒョク&グァンス&ゴニル、プロダクション尾木と契約締結・・・KARA出身ハラと同じ所属に

SUPERNOVAのジヒョク、グァンス、ゴニルが、仲間由紀恵、KARA出身のハラらが所属する日本のプロダクション尾木と契約を締結したことが伝えられ、話題だ。

ヘッドライン 2019年07月14日 01:31

BIGBANG T.O.P、除隊後の心境を公開「反省しながら生きる・・・すべてのファンに深い感謝」

BIGBANGのT.O.Pが、除隊後の心境を自身のSNSで公開し、話題だ。

ヘッドライン 2019年06月22日 20:41

CNBLUE ジョン・ヨンファ、Happy Birthday!世界中のファンがお祝い、フィルムコンサートも!

6月22日は、CNBLUE ジョン・ヨンファの誕生日だ。所属事務所であるFNCエンターテイメントは、公式SNSを通じてヨンファの誕生日であることを知らせ、「ジョン・ヨンファの誕生日を祝ってください」とコメントと共に、軍服姿のヨンファの近況写真を公表した。

発表・告知 2019年05月29日 23:19

SHINeeテミン、『FILA』とコラボレーショングッズを発売

SHINeeのテミンが初の全国アリーナツアー「TAEMIN ARENA TOUR 2019 〜X™️〜」でカジュアルファッションで人気のブランド『FILA』とのコラボレーションを実現した

発表・告知 2019年05月29日 00:22

東方神起ユンホ、初ソロアルバム「True Colors」6月12日発売!

ユンホは6月12日、全6曲が収録された初のミニアルバム「True Colors」を発売して本格的なソロ活動を開始する予定だ。

ヘッドライン 2019年04月23日 01:04

FTISLANDイ・ホンギ、ファンに感謝「大きな力をもらった」

22日夜、FTISLANDのイ・ホンギが自身のインスタグラムを更新してファンに感謝を伝えた。「おかげさまで、大きな力をもらいました。ありがとうございます」

アクセスの多い記事

Real Time Analytics