ホーム > ニュース > コラム

【ストリートダンス対談 #1 】SaUrI&DAIKI × Feeldog&Baram (From BIGSTAR)(1)

2014年12月27日 09:48

訓練された高度なダンスはK-POPの魅力の一つ。そんなK-POPのグループにおいてもダンススタイルは様々。ばっちり揃った群舞や大衆的な振り付けが多い印象だが、中にはストリートダンスをこよなく愛するアンダーグラウンド出身のメンバーもいる。彼らはグループとしてだけでなく、自分自身としてもダンススタイルを持っている。

そこで今回、日本のプロダンサーを招き、K-POPグループの中でもダンスに定評があり自身のダンススタイルを持っているメンバーとの対談を企画!第一回目のゲストとして日本のプロダンサーSaUrI&DAIKIをBIGSTARのライブに招き、ライブ観覧後にFeeldog&BARAM (from BIGSTAR)との対談を行った。K-POPと日本のストリートダンスという全く違った環境の者同士で、お互いのダンススタイルや、日韓のダンスシーンについて語り合った。

◆ まずは自己紹介をお願いします。

SaUrI:初めまして、ダンサーのSaUrIと申します。よろしくお願いします。

DAIKI:初めまして、ダンサーで、東京で生活をしています、DAIKIです。よろしくお願いします。

Feeldog:BIGSTARのリーダー、Feeldogです。よろしくお願いします。

BARAM:BIGSTARのラッパー、BARAMです。よろしくお願いします。

◆ ご自身のダンススタイルについて教えて下さい。

SaUrI:私は、3歳からクラシックバレエを、中学からストリートをやって、今はジャズダンスとハウスダンスをやってます。

DAIKI:僕はロックダンスをメインでやっていて、あとポップがちょっとと、あとソウルダンス、かな。オールドスクールです。

Feeldog:昨日映像少し見ました、ジャズロック!

DAIKI:あ、ジャズロックも知ってるんだ!

Feeldog:はい、あ、僕は18歳からHIPHOPをやっていて、オールドスクールジャンルが一番好きです。大学のとき、ストリートダンス、ロッキン、ハウスとか、ポッピンとか全部やったことがあります。

BARAM:僕は17歳のときからポッピンダンスを23歳までしたんですけど、会社の社長がHIPHOPが好きだから、HIPHOPを始めました。今はリミックス?僕も(自分のダンススタイルが)よくわからない(笑)。ポッピンもやるし、HIPHOPも好きだし、クランプとか、いろんなジャンルをやります。

◆ 先ほどSaUrIさんDAIKIさんにはBIGSTARのライブを見ていただきましたが、K-POPアーティストのライブを見る機会ってほとんどないですよね?

SaUrI:そんなにはないですね。

◆ 見ていただいた感想はいかがですか?

SaUrI:率直な感想は、すごく好感が持てて、親しみやすいチームのカラーを感じました。あとは、DAIKIさんともさっき話してたんですけど、お二人(FeeldogとBARAM)のソロの動画も見せて頂いてすごくかっこよかったですし、ストリートダンスもどんどんやっていきたいというのを聞いたので、2人のソロパートとかツーソロをもっとガッツリ見たかったなと思いました!でもお客さんすごい楽しんでましたね!すごい笑顔になりました。

Feeldog&BARAM:(拍手)

DAIKI:俺は、まずトークがすごい面白かったです。パフォーマンスで言うと、たぶん日本の人が思っているK-POPアイドルのパフォーマンスとはちょっと違うなというのはすごい思いました。なんかこう、どちらかと言うとK-POPアーティストのパフォーマンスってカクカクした感じ、ピタッと合わせるようなダンスが多いと思うんですけど、BIGSTARはすごくストリートな感じがあったので、そこら辺を売りにすればもっと伸びていきそうだなというのを感じました。

◆ BIGSTARは日本でライブ長くやってきましたが、今日のライブの特徴は?

Feeldog:もうすぐ100回公演で、100回公演ではソロとかたくさんあってずっと朝まで練習していたので、ちょっと今日は疲れてました(笑)

BARAM:力が・・・(笑)

Feeldog:トークもすごい心配でした。

SaUrI:トークすごいよかったですよ!

BARAM:僕たちも楽しいけど、今日はちょっと…

◆ 今までダンスデーとか、テーマを変えてやっていたんですよね。

Feeldog:BIGSTARの曲じゃなくて、全員ダンスを見せる日とかもあったんですよ。なのでその日に来てくれたらもっとよかったかも(笑)でも2人が今日いらっしゃると聞いたのでソロを多めに入れました。

◆ SaUrIさん、DAIKIさんのお二人から見て、K-POPアーティストってどんなイメージで、今日彼らと初めて会われたと思うんですが、イメージが変わったことがあれば教えて下さい。

SaUrI:さっきDAIKIさんと話してたんですけど、K-POPってやっぱりガチガチにダンスを揃えているイメージがあって、それって練習量がやはりすごくて、J-POPアイドルと比べても違うところが多くて、リハの時間とか。それで韓国の人たちはすごいなというイメージがあったんですけど、皆さんは本当にいい意味でストリート出身ということで、ラフなストリートの良さがありました。文化的ダンスと商業的ダンスって全然違うじゃないですか。で、商業の方のダンスはわりともっとわかりやすくて、簡単にお客さんが真似しやすいとか。なのでそういうパートも入れつつ、それらの対比が両方とももっとグッと行くと、さらによくなりそうな伸びしろをすごく感じました。きっともっと出したい!みたいなのがあるんだろうなって伝わりました。

BARAM:僕たちがアンダーグラウンド出身だから、デビューしたときは今活動している歌手たちに勝ちたいという気持ちでやっていました。でも、デビュー曲HOTBOYのとき、出演した音楽番組を見ると、他のグループはカメラを意識して正面だけに向いた振り付けが多く、僕たちはカメラをそこまで意識していなかったので、踊りも早くてパワフルだから、番組だと顔が全然見えなくて…そんなことがありました。

Feeldog:歌手じゃなくてダンサーだったので、ルーティーンとかも自分たちでつくって、振り付けも皆にいいと言っていただいたんですけど、番組で見ると全然でした・・・。

SaUrI:日本の有名な振付師の方とかは、カメラサイズを意識していて、例えば女性のアイドルグループの場合、可愛く見せるために顔周り中心に動きをつけるとか、例えばその対比ですね。お客さんが真似もしやすくて、いわゆる割り切ったお客さんのための簡単でかわいいパートと、あとはもともと2人が得意なところが、ちょっと両方とももっと出せるんだけど、どちらも遠慮してしまっているようなところがもっと両方に振り切れそうだなと思いました。

◆ 2人のツーソロとかももっと長くてもいいですよね。ライブでは楽曲を編集して、間で2人のパートをもっと出すとか。

SaUrI:そうですね。今日はダンスデーじゃないから違ったのかなとか思ったんですけど、でもそれを毎回売りにして、2人のソロは絶対毎日やるとかそれくらいやってもいいんじゃないですか?

DAIKI:うん、もっとやってもいいと思う。

◆ DAIKIさんから見た2人の魅力はどう思いましたか?

DAIKI:やっぱり、テレビの感じとアンダーグラウンドの感じの、両方をやろうとしているところが好感を持てました。ただ、今の状態だとこっちを気にしすぎていてこっちができない、というような印象を受けたので、もうちょっとどっちも勉強しなくちゃいけないと思う。

◆ アンダーグラウンドとオーバグラウンドですね。

DAIKI:今日のパフォーマンスだったらすごく気になったのが、ずっと正面向きというところ。正面を向いてるんだけど、顔を右に向けて踊ってもいいと思うし、左を気にして踊ってもいいし、一つのカメラで写した時に、180°くらいの差だったらよく見えるから、そういう見せ方の転換をしてもよかったんじゃないかなと。いろいろ並び方を変えてずっと同じ方向を見てるから、いろいろやってるんだけど、見てる側からするとずっと「うんうん、はいはい」ってなっちゃうので。こっち(右)のお客さんもこっち(左)のお客さんにも皆の顔が見えるようなダンスができると、もっといいんじゃないかなと。

(⇒もっと読む

(Photo : Kiyori Matsumoto , Text : Kyuyon Kim , Produce : Kiyori Matsumoto & Kyuyon Kim)

【ストリートダンス対談 #1 】SaUrI&DAIKI × Feeldog&Baram (From BIGSTAR) (1)(2)(3)

【ストリートダンス対談 #1 】SaUrI&DAIKI × Feeldog&Baram (From BIGSTAR)(1)
【ストリートダンス対談 #1 】日本と韓国のダンスシーン、職業としての「ダンス」の違い(2)
【ストリートダンス対談 #1 】印象に残っているバトルは日韓戦!今後の日韓ダンスシーンの交流は?(3)

メールマガジンを購読する  

ヘッドライン

スター 2019年08月05日 14:44

Wanna One出身メンバーら、解散後半年過ぎた現在の活動まとめ!

Mnet「プロデュース101」シーズン2を通じ2017年8月にデビュー、超大型新人グループとして大きな人気を博したWanna One。昨年12月に契約期間が終了し、約1年6カ月にわたる活動を惜しまれつつ終えたWanna Oneのメンバーらの解散後半年過ぎた現在の活動についてまとめてみました。

ヘッドライン 2019年08月01日 00:29

東方神起、サマーソング本日発売!

31日、東方神起のニューシングル『Hot Hot Hot』がリリースされた。

ヘッドライン 2019年07月25日 12:07

「YG宝石箱」から誕生” 新人ボーイズグループ「TREASURE 13」、デビューが事実上延期に

YGエンターテインメント(以下、YGエンタ)の新人ボーイズグループTREASURE 13のデビューが事実上延期となった。

テレビ・ドラマ 2019年07月16日 14:34

カン・ジファン降板の「朝鮮生存記」、ソ・ジソクが代役に。救世主となるか、27日初登場!

カン・ジファン降板の「朝鮮生存記」、ソ・ジソクが代役に。救世主となるか、27日初登場

ヘッドライン 2019年07月15日 01:05

SUPERNOVA ジヒョク&グァンス&ゴニル、プロダクション尾木と契約締結・・・KARA出身ハラと同じ所属に

SUPERNOVAのジヒョク、グァンス、ゴニルが、仲間由紀恵、KARA出身のハラらが所属する日本のプロダクション尾木と契約を締結したことが伝えられ、話題だ。

ヘッドライン 2019年07月14日 01:31

BIGBANG T.O.P、除隊後の心境を公開「反省しながら生きる・・・すべてのファンに深い感謝」

BIGBANGのT.O.Pが、除隊後の心境を自身のSNSで公開し、話題だ。

ヘッドライン 2019年06月22日 20:41

CNBLUE ジョン・ヨンファ、Happy Birthday!世界中のファンがお祝い、フィルムコンサートも!

6月22日は、CNBLUE ジョン・ヨンファの誕生日だ。所属事務所であるFNCエンターテイメントは、公式SNSを通じてヨンファの誕生日であることを知らせ、「ジョン・ヨンファの誕生日を祝ってください」とコメントと共に、軍服姿のヨンファの近況写真を公表した。

発表・告知 2019年05月29日 23:19

SHINeeテミン、『FILA』とコラボレーショングッズを発売

SHINeeのテミンが初の全国アリーナツアー「TAEMIN ARENA TOUR 2019 〜X™️〜」でカジュアルファッションで人気のブランド『FILA』とのコラボレーションを実現した

発表・告知 2019年05月29日 00:22

東方神起ユンホ、初ソロアルバム「True Colors」6月12日発売!

ユンホは6月12日、全6曲が収録された初のミニアルバム「True Colors」を発売して本格的なソロ活動を開始する予定だ。

ヘッドライン 2019年04月23日 01:04

FTISLANDイ・ホンギ、ファンに感謝「大きな力をもらった」

22日夜、FTISLANDのイ・ホンギが自身のインスタグラムを更新してファンに感謝を伝えた。「おかげさまで、大きな力をもらいました。ありがとうございます」

アクセスの多い記事

Real Time Analytics