ホーム > ニュース > 独占取材

【独占単独インタビュー・後編②】ジュンヒョン(BEAST)、目指すのはアーティストの立場からサポートするプロデューサー!

2015年04月20日 00:00

BEASTがまだ挑戦したことのないジャンルで、機会があればトライしてみたいサウンドやリズムなどの構想はありますか?

ジュンヒョン:僕は今、これから発表する曲の作業をしていますが、最近よくボサノバを聴いているので、ボサノバ系の曲を是非やってみたいと思い、時間を見つけては曲の構想を考えています。実際のところ、HIPHOP、エレクトリック、バラード、R&Bなど、僕らがやったことのないジャンルというものはそれほど多くはありませんが、たとえ同じジャンルだとしても、編曲やメロディーを工夫することでまた新しい感じを出すことができると思うので、ジャンルの枠にとらわれない、新しいスタイルの曲を作ってみたいと思っています。

◆ボサノバ…最近ジュンヒョンさんはアコースティック・ギターの音色が好きなんですか?

ジュンヒョン:はい、ギターのサウンドは個人的にとても好きです。今まではセッションなどでギタリストに演奏を頼んだりしていましたが、これからは僕が自分で弾きたいと思い、今ギターを習っています。

◆わぁ!ボサノバにギターが似合いそうですね。

ジュンヒョン:はい(笑)。

◆ところで、詞を書く時、つい好きでよく使ってしまう言葉はありますか?

ジュンヒョン:あります。これは僕が直そうと思っていることの1つでもありますが、言葉というよりは、「あなたが」、「君が」、「僕は」、「俺は」といった呼称をついたくさん使ってしまいます。お互いの状況や感情をもっと強く訴えかけたい時、歌詞に「あなた」、「僕」といった言葉を入れることがよくあるのですが、歌詞の付いた曲を聴いてみると、あまりにも多すぎるような気がするんです(笑)。だから最近は、作詞をしていてこれらの呼称をつい書いてしまうと、「あ~ダメだ、ダメだ!」と言って、ノートに書いた言葉をガーッとペンで黒く塗りつぶして消してしまうことが多いですね(笑)。

◆世の中にはいろいろなプロデューサーがいます。ジュンヒョンさんは、自分自身はどんなプロデューサーであると思いますか?

ジュンヒョン:僕は自分が全体を引っ張っていく存在だとはまったく思っていません。僕が思うプロデューサーとは、すべてを統括して責任を取るといったものではなく、どれだけアーティストをカッコよく見せることができるか、どれだけアーティストのいい部分を引き出すことができるか、どれだけサポートをしてあげられるか、ということだと思います。

◆そのような考え方はいつぐらいから生まれましたか?

ジュンヒョン:BEASTのアルバムを作り始めた時からだったと思います。それまでは「自分のやりたいものをやらなくては!」という気持ちがあったのですが、メンバーの意見を聞き、彼らに合わせた曲作りを進めていくうちに、自分の立場からではなく、アーティストの立場から考えるようになりました。考え方がとても変わったと思います。それに、違いがはっきりと分かるんです。自分がやりたいものをやろうとして作った曲と、アーティストの立場からサポートしようと思いながら作った曲とは、違いが明らかに分かります。

*  *  *  *

前編・後編に渡ってお届けした、BEASTのサウンド・プロデューサー、ヨン・ジュンヒョンの独占単独インタビュー、いかがでしたか?
クリエイターであるからこその、興味深い発言がいくつもありました。

「90%以上の曲はタイトルをまず先に決めます」
「僕らの音楽は、僕らだけが満足すればいいというものではない。大衆性と僕のやりたいことをバランスよく混ぜる」
「これからは僕が自分でギターを弾きたいと思い、今習っています」
「感情を強く訴えかけたい時、つい【あなた】、【僕】という言葉をたくさん使ってしまう」
「僕は自分が全体を引っ張っていく存在だとはまったく思っていません」

名言満載の中で、これらのジュンヒョンの言葉に、テンションが上がったり、思わず微笑んでしまう人も多かったことでしょう。

ジュンヒョンがプロデューサーとして、10ケ月連続新曲をリリースするBEAST MUSICから、第2弾「HANDS UP」配信中!!

(text:Kiyori Matsumoto / translation:Akane Tanaka)

【独占単独インタビュー・前編①】BEASTサウンド構築の頭脳、ジュンヒョンがメンバーの声とスタイルを分析!
【独占単独インタビュー・前編②】BEASTジュンヒョンの作曲スタイル「90%以上の曲はタイトルをまず先に決めます」 

【独占単独インタビュー・後編①】BEASTジュンヒョン「僕が意図した通りに僕の曲を聴いて感じてもらえたとき、あぁ、僕は成長したんだなと感じる」
【独占単独インタビュー・後編②】ジュンヒョン(BEAST)、目指すのはアーティストの立場からサポートするプロデューサー!

■オフィシャルサイト
http://www.beast-beauty.com/

■iTunes store
https://itunes.apple.com/jp/album/id977827072

■ BEAST MUSIC OFFCIAL facebook page
https://www.facebook.com/beastmusiclabelofficial

メールマガジンを購読する  

ヘッドライン

スター 2019年08月05日 14:44

Wanna One出身メンバーら、解散後半年過ぎた現在の活動まとめ!

Mnet「プロデュース101」シーズン2を通じ2017年8月にデビュー、超大型新人グループとして大きな人気を博したWanna One。昨年12月に契約期間が終了し、約1年6カ月にわたる活動を惜しまれつつ終えたWanna Oneのメンバーらの解散後半年過ぎた現在の活動についてまとめてみました。

ヘッドライン 2019年08月01日 00:29

東方神起、サマーソング本日発売!

31日、東方神起のニューシングル『Hot Hot Hot』がリリースされた。

ヘッドライン 2019年07月25日 12:07

「YG宝石箱」から誕生” 新人ボーイズグループ「TREASURE 13」、デビューが事実上延期に

YGエンターテインメント(以下、YGエンタ)の新人ボーイズグループTREASURE 13のデビューが事実上延期となった。

テレビ・ドラマ 2019年07月16日 14:34

カン・ジファン降板の「朝鮮生存記」、ソ・ジソクが代役に。救世主となるか、27日初登場!

カン・ジファン降板の「朝鮮生存記」、ソ・ジソクが代役に。救世主となるか、27日初登場

ヘッドライン 2019年07月15日 01:05

SUPERNOVA ジヒョク&グァンス&ゴニル、プロダクション尾木と契約締結・・・KARA出身ハラと同じ所属に

SUPERNOVAのジヒョク、グァンス、ゴニルが、仲間由紀恵、KARA出身のハラらが所属する日本のプロダクション尾木と契約を締結したことが伝えられ、話題だ。

ヘッドライン 2019年07月14日 01:31

BIGBANG T.O.P、除隊後の心境を公開「反省しながら生きる・・・すべてのファンに深い感謝」

BIGBANGのT.O.Pが、除隊後の心境を自身のSNSで公開し、話題だ。

ヘッドライン 2019年06月22日 20:41

CNBLUE ジョン・ヨンファ、Happy Birthday!世界中のファンがお祝い、フィルムコンサートも!

6月22日は、CNBLUE ジョン・ヨンファの誕生日だ。所属事務所であるFNCエンターテイメントは、公式SNSを通じてヨンファの誕生日であることを知らせ、「ジョン・ヨンファの誕生日を祝ってください」とコメントと共に、軍服姿のヨンファの近況写真を公表した。

発表・告知 2019年05月29日 23:19

SHINeeテミン、『FILA』とコラボレーショングッズを発売

SHINeeのテミンが初の全国アリーナツアー「TAEMIN ARENA TOUR 2019 〜X™️〜」でカジュアルファッションで人気のブランド『FILA』とのコラボレーションを実現した

発表・告知 2019年05月29日 00:22

東方神起ユンホ、初ソロアルバム「True Colors」6月12日発売!

ユンホは6月12日、全6曲が収録された初のミニアルバム「True Colors」を発売して本格的なソロ活動を開始する予定だ。

ヘッドライン 2019年04月23日 01:04

FTISLANDイ・ホンギ、ファンに感謝「大きな力をもらった」

22日夜、FTISLANDのイ・ホンギが自身のインスタグラムを更新してファンに感謝を伝えた。「おかげさまで、大きな力をもらいました。ありがとうございます」

アクセスの多い記事

Real Time Analytics