ホーム > ニュース > ヘッドライン > 一般

FNCの約90%はFTISLANDとCNBLUEで、できている。築き上げたFTISLANDと急成長させたCNBLUE!

2015年04月15日 21:23

韓国の「3大エンタメ社」、SMエンターテイメントとYGエンターテイメント、JYPエンターテイメント。すべての有名な歌手出身の代表者によって設立され、成長してきたという共通点を持ち、主力のグループと歌手が国内·外で得られた高い人気に支えられ、業績の改善と企業規模の拡大に成功し、長い期間、韓国エンターテイメント市場に君臨してきた。

ところが、SMのイ·スマン、YGのヤン·ヒョンソク、JYPのパク·チニョンなど3人と
比較もされていなかった無名歌手が設立した芸能事務所が、最近数年間恐ろしい速度で成長し、長い間安定と思われていた3つのエンターテインメント時代の世代交代を予告している。昨年12月コスダック市場に上場されたFNC ENTERTAINMENT(以下、FNC)がまさにその主人公である。

FNCは、2006年に歌手ハン·ソンホ氏が設立した会社だ。 ハン·ソンホ代表は大衆にはほとんど知られていなかった無名歌手であった。 1999年と2002年にわずか2枚のアルバムだけ出しただけで、歌手活動を中断した。以後ドラマOSTプロデューサーとして活動、普及している評判とは距離がある。歌手として成功した代表者の人気と評判から、会社設立当時から急速な成長が予告された他の芸能プロダクションに比べてFNCの出発は取るに足りなかった。

しかし、ここ数年、FNCは芸能プロダクションの中で最も急速に成長している。過去2012年320億ウォンだった売上高は、2013年496億ウォンを記録し、昨年には600億ウォンを突破した。わずか2年ぶりに売上高が2倍近くに増えたのだ。同じ期間67億ウォンだった営業利益も116億ウォンに増え、当期純利益も49億ウォンで79億ウォンに増加した。

FNCの売上高および利益の規模が大きく増えたのは、2010年以降からだ。以前までの男性バンドグループFTISLANDに依存していたFNCは、2010年にデビューしたCNBLUE
が大きな人気を得ることにより、会社の業績を牽引することに成功した。アルバムと公演収益で安定した実績を出している所属歌手たちがほとんど演技まで兼業しており、他に俳優とコメディアンまで抱えている。

新事業でドラマ制作と芸能人を目指す若者のレッスンを専門とするアカデミー事業も開始した。公演とドラマ出演、ドラマ制作、アカデミー事業は、領域は異なるが、互いに密接なシナジー効果を出すものと期待を集めている。長期的に安定した実績の改善の流れを維持することができる。

FNC関係者によると、昨年の総売上高の両方のグループの公演と音源収益が占めた割合は60%にのぼる。 35%の収益は、俳優業務と広告などで得ている。このうち相当部分も両方のグループに属している歌手たちの活動を通じて稼いでいる。5人で構成されたFTISLANDと4人組グループであるCNBLUEの両方のメンバーが俳優を兼ねており、ドラマや映画、ミュージカルなどに出演している。

両グループは、国内市場よりもバンドのライブ公演が大きな人気を集めている日本市場で、
より大きな収入を上げている。昨年の総売上高のうち、日本での売り上げの割合は64%に達する。東方神起(SM)とBIGBANG(YG)などに比べて日本のライブ市場で動員した観客数は少ないが、会社別にみると、JYPを抜いて、SMとYGに続き、観客数3位を記録した。

中国進出が進むにつれ、この2つのバンドが稼ぐ収入の規模はさらに増えるものと予想される。FTISLANDのボーカル イ・ホンギが主演したドラマ『百年の花嫁』が中国で大評判となり、ホンギ本人もテレビ番組で「去年、FNC内で中国で1番稼いだのは自分」と発言している。また、CNBLUEのリーダージョン·ヨンファが昨年出演したドラマ『三銃士』
が最近、中国で人気を集め、さらにウェイボー(中国版ツイッター)では、昨年11月のアカウント開設以来、20週に渡って人気アカウントNo.1を獲得し続けるなど、中国での今後の両グループの公演に大きな期待を寄せることができる。

ガールズグループAOAは、数年間SMの梁になった少女時代のような役割をするものと期待を集めている。AOAは、過去2012年にデビューした後、約2年間の沈黙の末に発売したアルバム「ミニスカート」と「おかっぱ」が相次いで大きな人気を集め、国内の主要なガールグループに浮上した。単独公演回数が少なく、昨年の売上高での割合は5%に過ぎないが、今年から公演輸入規模が大きく増えるものと予想される。

今年も急速に成長が続くとの見通しが多いが、将来はひたすら「バラ色の」とは言えない。
最も緊急の問題は、「レギュラー」の世代交代だ。特に2主力グループの両方が男性メンバーのみで構成されており、数年後兵役問題が原因で活動が中断される可能性がある点は、FNCがどう継続しつづけるかということに必要な宿題だ。

2つのグループに続く会社の次世代バンドN.flyingがどれだけ人気を集めることができるかも今のところ見守らなければならない。

メールマガジンを購読する  

ヘッドライン

スター 2019年08月05日 14:44

Wanna One出身メンバーら、解散後半年過ぎた現在の活動まとめ!

Mnet「プロデュース101」シーズン2を通じ2017年8月にデビュー、超大型新人グループとして大きな人気を博したWanna One。昨年12月に契約期間が終了し、約1年6カ月にわたる活動を惜しまれつつ終えたWanna Oneのメンバーらの解散後半年過ぎた現在の活動についてまとめてみました。

ヘッドライン 2019年08月01日 00:29

東方神起、サマーソング本日発売!

31日、東方神起のニューシングル『Hot Hot Hot』がリリースされた。

ヘッドライン 2019年07月25日 12:07

「YG宝石箱」から誕生” 新人ボーイズグループ「TREASURE 13」、デビューが事実上延期に

YGエンターテインメント(以下、YGエンタ)の新人ボーイズグループTREASURE 13のデビューが事実上延期となった。

テレビ・ドラマ 2019年07月16日 14:34

カン・ジファン降板の「朝鮮生存記」、ソ・ジソクが代役に。救世主となるか、27日初登場!

カン・ジファン降板の「朝鮮生存記」、ソ・ジソクが代役に。救世主となるか、27日初登場

ヘッドライン 2019年07月15日 01:05

SUPERNOVA ジヒョク&グァンス&ゴニル、プロダクション尾木と契約締結・・・KARA出身ハラと同じ所属に

SUPERNOVAのジヒョク、グァンス、ゴニルが、仲間由紀恵、KARA出身のハラらが所属する日本のプロダクション尾木と契約を締結したことが伝えられ、話題だ。

ヘッドライン 2019年07月14日 01:31

BIGBANG T.O.P、除隊後の心境を公開「反省しながら生きる・・・すべてのファンに深い感謝」

BIGBANGのT.O.Pが、除隊後の心境を自身のSNSで公開し、話題だ。

ヘッドライン 2019年06月22日 20:41

CNBLUE ジョン・ヨンファ、Happy Birthday!世界中のファンがお祝い、フィルムコンサートも!

6月22日は、CNBLUE ジョン・ヨンファの誕生日だ。所属事務所であるFNCエンターテイメントは、公式SNSを通じてヨンファの誕生日であることを知らせ、「ジョン・ヨンファの誕生日を祝ってください」とコメントと共に、軍服姿のヨンファの近況写真を公表した。

発表・告知 2019年05月29日 23:19

SHINeeテミン、『FILA』とコラボレーショングッズを発売

SHINeeのテミンが初の全国アリーナツアー「TAEMIN ARENA TOUR 2019 〜X™️〜」でカジュアルファッションで人気のブランド『FILA』とのコラボレーションを実現した

発表・告知 2019年05月29日 00:22

東方神起ユンホ、初ソロアルバム「True Colors」6月12日発売!

ユンホは6月12日、全6曲が収録された初のミニアルバム「True Colors」を発売して本格的なソロ活動を開始する予定だ。

ヘッドライン 2019年04月23日 01:04

FTISLANDイ・ホンギ、ファンに感謝「大きな力をもらった」

22日夜、FTISLANDのイ・ホンギが自身のインスタグラムを更新してファンに感謝を伝えた。「おかげさまで、大きな力をもらいました。ありがとうございます」

アクセスの多い記事

Real Time Analytics