ホーム > ニュース > Buzz > セルカ

少女時代サニー、ZE:Aドンジュンとツーショット公開!“女性よりキレイな私の弟”

2015年09月21日 11:02

少女時代のサニーがZE:Aのドンジュンと撮ったツーショット写真を公開し、姉弟のような仲睦まじい姿を公開した。

サニーは21日午前、自身のインスタグラムを通じて「姉さんに会いたいと今日朝からスケジュールがあるにもかかわらず聞かせてくれたありがたいドンジュン」という文に「女性よりきれいな男」「私の弟」というハッシュタグをつけて1枚の写真を掲載した。

(写真 : サニーのインスタグラムより)

公開された写真の中には、サニーとドンジュンが顔を寄せ合い、キュートな笑顔を浮かべる姿が収められている。特に2人はくりくりとした目と明るい笑顔が印象的な実の姉弟のような姿で、温かい雰囲気をかもし出しており目を引く。

公開された写真を見たネットユーザーたちは「え!ドンジュン?サニー、写真ありがとう」「サニー、ドンジュンと親しかったんだね」「微笑ましいツーショットだ」「朝からとても爽やかな2人」「私もサニーお姉さんに会いたいよ」などの反応を見せた。

サニーが所属する少女時代は最近5thフルアルバム『Lion Heart』の活動を終えた。ドンジュンが所属するZE:Aは18日にベストアルバム『CONTINUE』をリリースし、1年3カ月ぶりにメンバー全員が揃って新曲を発表した。

メールマガジンを購読する  

ヘッドライン

ヘッドライン 2017年10月19日 00:38

“アジアNo1ガールズグループ” TWICE、本日リリースのJAPAN 1st SINGLE『One More Time』が、 7カ国のiTunes総合アルバムチャートで1位獲得!

“アジアNo1ガールズグループ” TWICE、本日リリースのJAPAN 1st SINGLE『One More Time』が、 7カ国のiTunes総合アルバムチャートで1位獲得!

一般 2017年10月18日 18:20

防弾少年団V、「初のドーム公演・・・泣きそうになりました」

防弾少年団のVがデビュー後初めて開催した日本ドーム公演の感想を語った。

ヘッドライン 2017年10月18日 14:46

日テレ × LIVE presents “From 2PM To You"Jun. K/WOOYOUNG/JUNHO ライブ・ビューイング実施決定!

2PMから、あなたへ・・・ソロで活躍するメンバーによるスペシャルイベントを全国の映画館へ特別生中継決定!

ヘッドライン 2017年10月18日 14:20

“東方神起”活動再開後初表紙を飾った「anan」発売!!渋谷駅に巨大ボードも!!東方神起がいよいよ本格始動!!

“東方神起”活動再開後初表紙を飾った「anan」発売!!渋谷駅に巨大ボードも!!東方神起がいよいよ本格始動!!

ヘッドライン 2017年10月18日 00:30

SUPER JUNIORファン待望の日本カムバック、12月6日ファンクラブ限定シングルリリース決定!! 日本オリジナルジャケット写真と超豪華商品内容を一挙大公開!!

SUPER JUNIORファン待望の日本カムバック、12月6日ファンクラブ限定シングルリリース決定!! 日本オリジナルジャケット写真と超豪華商品内容を一挙大公開!!

ヘッドライン 2017年10月17日 14:12

iKONのクリスマスライブ!初となるセンターステージライブ『iKON X’mas LIVE 2017』を発表!

BIGBANGの系譜を継ぐ大型新人iKON(アイコン)、初となるセンターステージライブ『iKON X’mas LIVE 2017』を発表!

ヘッドライン 2017年10月16日 18:02

Apeace 12人体制でシングル「BANG! BURN! LOVE」を12月13日リリース!

Apeace およそ半年ぶりとなるニューシングル「BANG! BURN! LOVE」をリリース!

ヘッドライン 2017年10月16日 17:10

TWICE、non-no増刊・渋谷限定版の表紙が解禁!渋谷と梅田に巨大ボード、渋谷エリアの書店でも特大パネルが登場!

TWICE、non-no増刊・渋谷限定版の表紙が解禁!さらに渋谷と梅田に巨大ボード、渋谷エリアの書店でも特大パネルが登場!

ヘッドライン 2017年10月14日 22:47

東方神起が山手線の車両をジャック!!それも続々と・・・?!

東方神起が山手線の車両をジャック!!それも続々と・・・?!

ヘッドライン 2017年10月14日 01:41

東方神起 約2年半ぶり『ミュージックステーション』出演が大反響!!

東方神起 約2年半ぶり『ミュージックステーション』出演が大反響!!

アクセスの多い記事

Real Time Analytics