ホーム > ニュース > 独占取材

【撮り下ろし&独占インタビュー】14U イソル編「僕の周りの人たちを《守ろうとする心》は誰にも負けない。応援してくれる人を、絶対がっかりさせない!」

2018年11月06日 23:12

韓国で3枚目のシングル「羅針盤(N.E.W.S)」でカムバックした14Uは、連日音楽番組でシックな姿を披露している。KpopStarzは、多忙な14Uの来日期間中に個別インタビュー&フォトセッション&アンケートを行った。

【14U個別インタビュー イソル編】

◆アイドルをめざそうと思ったのはいつですか?どうしてアイドルを目指そうと思ったのですか?

イソル:高校生の時に、学園祭で初めてステージに上がった時の、ものすごく楽しかった思い出があって、その時僕は全生徒の前でSHINee先輩の曲「JULIETTE」を歌ったんですけど、観客の声援もすごかったんです。

◆キャー!って声援をあびたんですね!(笑)

イソル:そうそう!キャー!って(笑)。声援とみんなの視線が僕に集まっていました。ステージが終った後に、女の先輩たちから、カッコよかった!とかたくさんほめられたのもすごく嬉しかったんですよ。

◆それか!(笑)

イソル:それだけじゃないですよ!(笑)ステージの上で歌った時の妙な緊張感とかも好きで、アイドルをやりたいって思ったんです。

◆アイドルになりたい!と思ってから、どのような行動に移りましたか?

イソル:僕は済州島にいたので、アイドルのオーディションとかも見る機会もないので、ずっとひとりで練習していました。そして、二十歳で初めてソウルに上京して、そこからひとりでオーディションを受け始めました。

◆オーディションはたくさん受けましたか?

イソル:はい。本当にたくさんのオーディションを受けました。だまされたこともありました。だから良くない思い出もあります。

◆そして、14Uの前に「M CROWN」というグループでデビューしていますよね!M CROWNはイソルさんの中でどういう思い出ですか?

イソル:胸が痛い思い出です。初めてデビューを果たしたのに、1曲で終わってしまいました。デビューして1年くらい活動して終わってしまいました。

◆その後14Uにキャスティングされるまでに、どのような流れがあったのですか?

イソル:僕の場合、軍隊に行って来てからM CROWNだったんですけど、M CROWNが解散して、どうしようかと思ってる時に、ダンスの振り付けをして下さっていた先生が、今の事務所を紹介してくれました。

◆良かったですね!M CROWN解散から14Uへ、すぐに移行できたんですね!

イソル:あ、でもM CROWNが解散してから3ヶ月は荒れた生活をしていました(笑)。もうアイドルはやりたくないと思ってました。心が傷だらけだったので、もういやだと思いました。だけど、僕がすごく慕っていたダンスの先生が、もう一回やってみないか、と声をかけてくれて、事務所を紹介してくれたので、14Uに巡りあいました。

◆自分自身の性格を自己分析するとどのような性格ですか?

イソル:どんな性格かなぁ、、、いまだに自分のことがわからないというか、まだ自分自身のことを知っていく段階だと思います。ある時はポジティブで、またある時は悪い人間だなって思うこともあるし。

◆悪い?いつも弟たちを自由にさせていて、心が広いリーダーだなって思いますが。

イソル:そうですか!(笑)

◆マンネたちがお兄さんたちに意見を言えないグループもたくさんありますよ。14Uは末っ子たちがのびのびイキイキとしていて、それはリーダーが寛容だからだと思いますよ。

イソル:あははっ!のびのびしすぎて問題なんですよ!末っ子たちがイキイキしすぎて、言うこと聞かないんですよ!(笑)でも可愛いから許しちゃうんですよね。やる時はちゃんとやる子たちだから、日頃の小さいことは見逃してあげるようにしています。

◆リーダーとしてロールモデルにしているアーティストはいますか?

イソル:SUPER JUNIORのイトゥク先輩です。だから、「イトゥク先輩みたいなリーダーシップだね」ってほめられた時が、嬉しいですね。リーダーとして大変なことはたくさんあるけど、そんな風にほめられた時が最高に嬉しいです。

◆他の人には絶対負けない、自分が一番自信を持っているところは?

イソル:僕が今大切にしているファンの方たち、家族、メンバー、僕の周りの人たちを「守ろうとする心」は誰にも負けないつもりです。自分を応援してくれる人を、絶対がっかりさせない、という気持ちが強いです。

◆自己紹介で自分のことを「ひまわり」と紹介していますよね。

イソル:ひまわりってことを急に思いついたわけではなくて、ファンのみなさんからいただいた手紙の中に、「オッパは、自分のファンだけじゃなくて、オッパに興味のないコに対しても、いつもあたたかく見守ってくれる。それがひまわりみたいで、すごくいいと思う」って書いてあって、ひまわりって表現がすごく印象に残って、いいなって思ったんです。

◆デビューして成長したな、と思うところは?

イソル:志(こころざし)が変わりました。以前は、まあ、このくらいでいいかなって思った時期もあったんですけど、今は違います。ちゃんと1つずつしっかりやってから、次に行きたい。ステージも日頃の行動も、隙をあまり見せたくないと思っています!

マネージャー:隙だらけですよ!(笑)

イソル:(焦)だからー!今はまだ隙だらけだけど(笑)、今よりもっと1つ1つの全てのクオリティを高めていきたいです!

◆自分の目指しているアーティスト像を100パーセントとした時、現時点では何パーセントくらいまで到達していますか?

イソル:うーん、どのくらいかな、14パーセント!まだまだ成長しなくちゃいけないところがたくさんあるので、これからです!

(photo&text: Kiyori Matsumoto)

【14Uアンケート イソル編】 

1.チョン・ジェヒョク(イソル)
2.チョン・ジェヒョク。才能を振りまいて輝きなさい!!
3.済州(チェジュ)島
4.明るくてポジティブで、勉強が好きだった子ども!
5.文系
6.BIGBANG 「FANTASTIC BABY」
7.今です!すごく幸せです。
8.独学・・・あ!ボーカル&演技スクール
9.ピザ屋!柑橘農場、工事現場、食堂などなど
10.170722
11.両親。「ひたすら前だけを見て行きなさい。お前の後ろには私たちがいる!」
12.Super Junior、テミン、RAIN
13.a
14.いいえ~
15.膝の手術をしたことがあります。痛かったです。
16.機内食を食べて寝ること~
17.『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』『セッション』
18.『太陽の末裔』カン・モヨン(ソン・ヘギョ)
19.和牛

(translation:Akane Tanaka)

メールマガジンを購読する  

ヘッドライン

発表・告知 2018年12月10日 21:05

東方神起 をユニカビジョンで12月13日~12月19日大特集!!

東方神起 をユニカビジョンで大特集!12月13日(木)~12月19日(水)まで!

テレビ・ドラマ 2018年12月09日 02:37

ドラマ「病院船〜ずっと君のそばに〜」主演ハ・ジウォン オフィシャルインタビュー

ドラマ「病院船〜ずっと君のそばに〜」主演ハ・ジウォン オフィシャルインタビュー

発表・告知 2018年12月08日 19:43

【読者プレゼント】KEVIN直筆サイン入りチェキ2名様にプレゼント!リツイート&フォローでゲット

【読者プレゼント】KEVIN直筆サイン入りチェキ2名様にプレゼント!リツイート&フォローでゲット

ヘッドライン 2018年12月07日 03:06

CNBLUEジョン・ヨンファ、障害のある子供達のために5千万ウォンを寄付

CNBLUEジョン・ヨンファは、12月3日の世界障害者の日に、障害のある子供たちのため、ミルアル(小麦)福祉財団に5千万ウォンを寄付したことを、6日明らかにした。

ヘッドライン 2018年12月06日 17:59

ナム・ジュヒョク、「週刊朝日」の表紙&グラビア、インタビューに初登場!

ナム・ジュヒョク、「週刊朝日」の表紙&グラビア、インタビューに初登場!

発表・告知 2018年12月06日 16:13

UNB JAPAN FINAL CONCERT ~THANKS UNME~開催決定!

UNB JAPAN FINAL CONCERT ~THANKS UNME~開催決定!

テレビ・ドラマ 2018年12月06日 15:50

ドラマ「病院船〜ずっと君のそばに〜」初主演カン・ミンヒョク(CNBLUE)オフィシャルインタビュー

ドラマ「病院船〜ずっと君のそばに〜」 カンミンヒョク オフィシャルインタビュー

発表・告知 2018年12月06日 13:22

EXOのこれまで未配信だった楽曲を、「AWA」で独占先行配信開始!前人未踏の5作連続ミリオンを達成した最新アルバムを含む、計336曲を配信

EXOのこれまで未配信だった楽曲を、「AWA」で独占先行配信開始!前人未踏の5作連続ミリオンを達成した最新アルバムを含む、計336曲を配信

発表・告知 2018年12月04日 01:22

ユニカビジョンで12月6日(木)~12月12日(水)、SHINee大特集!

ユニカビジョンでSHINee 特集が放映決定!

テレビ・ドラマ 2018年12月04日 00:37

『ボーイフレンド』2話。ソン・ヘギョ、パク・ボゴムの履歴書を見て「29? 幼いね」

『ボーイフレンド』2話。ソン・ヘギョ、パク・ボゴムの履歴書を見て「29? 幼いね」

アクセスの多い記事

Real Time Analytics