ホーム > ニュース > ヘッドライン > 独占取材

【撮り下ろし&独占インタビュー】CODE-V個別インタビュー サンウ・前編「このままだったらダメだ、前に一歩進まなければ!という気持ちです」

2018年12月23日 00:29

KpopStarzはCODE-Vのデビューからインタビューをしてきた。解散というグループにとって大きな決断をしたメンバーに、それぞれの思いを聞くために、CODE-Vとしての最後の個別インタビューを10月30日行った。

◆解散を発表してから、結構長い時間が経っていますが、今日までの気持ちの変化を教えてください。

サンウ:やっぱり最初はもうCODE-Vとして活動出来ないんだなと思うと、淋しい気持ちもありました。けど、でも今は気持ちを切り替えて、前向きに考えようとしていて、来年からまた日本で活動ができるように頑張るつもりでいます。それが楽しみです。

◆解散発表を後悔する瞬間もありましたか?

サンウ:もちろんあります。解散って二文字がなかなか口にできなくて、辛かったこともありました。でも、メンバーみんなでちゃんと話し合って決めたことですし、自分たちのために、ちゃんと考えなくてはいけないことだったと思います。

◆一歩進まなくては!という決断ですか?

サンウ:そうです。前に一歩進まなければ!という気持ちで、このままだったらダメだ、という気持ちです。

◆「このままではダメだ」と思い始めたのは、いつ頃ですか?

サンウ:解散を考え始めたのは今年に入ってからなんですけど、思ったよりも結構早く話が進んでいて、それでもまだ、解散はないでしょう?ってどこかで思っている感じだったんですけど、いつの間にか解散が現実になっていきました。

◆ということは、解散後に実感する感じかもしれませんね。

サンウ:はい。そう思います。

◆サンウさんから見たメンバーそれぞれのリスペクトしているところは?

サンウ:ソルは、意外と恥ずかしがり屋さんというか、表では自信がなさそうな感じもあるんですが、自分のことを「イケメンイケメン」って言い続けて(笑)、本当に素晴らしいと思います!すごい自信だと思うし、本人は冗談じゃなく、本当にイケメンだと信じてますけども、

◆メンバーは認めてない、と?(笑)

サンウ:メンバーは認めてないですが、そんなに言うなら認めよう!と頑張ってます(笑)。それからソルは、つまらないギャグばっかりやっていて、すべったりしているんですけど、それでも言い続けるハートが強いと思います。ソルのことをバカにしてるんじゃなくて、本当に、ハートの強さはリスペクトできます。ルイは、たまに空気を読めない時があるんです。KYなところがあるんですけれども、周りの雰囲気を明るくしてくれる、周りを楽しませる力を持っていると思います。テフンは、一番若くて、年の差は十歳くらい離れているんですけど、ちゃんとお兄さんたちに付いて来れるように自分なりに頑張ってる姿をすごい見ます。たまに生意気なところもあるんです(笑)。でも、若くても考え方がしっかりしています。ナロは、音楽的な才能はすごくあると思うので、そういうところをすごく尊敬しています。

◆自分自身の性格を自己分析すると、どういう人ですか?いいところは?

サンウ:いいところ・・・たぶん、なにかやり始めたら、諦めないところ。うまくいかなくても、なんとか結果がだせるように頑張る。それが、自分で言うのもなんですけど、僕のいいところだと思います。

◆SNSでのサンウさんがファンに発信している言葉が誠実で、みんなが信頼していると思います。

サンウ:ありがとうございます。その通りです(笑)。

◆活動を始めた当初より、サンウさん人気が、今すごいんでしょ?(笑)

サンウ:そうらしいですね(笑)。最初は無口って印象だったと思うんですけど、自分らしい姿を見せたかったし、普段からあまりしゃべらない感じですけど、弾けてる時はすごい思いきりやるタイプなんで、メンバーといるとどんどん楽しくなってきて、表に出せるようになってきたからかな、と。

◆サンウさんが作る曲の自分らしさとは、どんなところですか?

サンウ:僕はR&Bとかソウルとかブラックミュージックが好きなんです。そういう曲調が好きですし、雰囲気も好きです。だから普段から作る曲もそういう感じなんですけど、でもいままでファンの方に聴かせた音楽って、バラードっぽい曲が多かったので、たぶんファンの方は、「サンウって、ピアノをベースにしたバラード曲ばっかり作ってる」と思ってるかもしれませんが(笑)、いろんなジャンルの曲に挑戦してみたいと思ってます。J-POPも洋楽もいろいろやってみたいんですが、一番好きなのはブラックミュージックですね。

◆CODE-Vの好きな曲ベスト3を教えてください。

サンウ:まず「夕顔」。三線の音と詞の内容が好きです。「部屋の中で」。これはバラード曲なんですけど、好きです。そして「冷たいキス」。

◆サンウさんの歌い方はデビュー当時と比べて変わってきましたか?

サンウ:ほぼ変わってないです。でもデビュー当時は今よりももっと力強い歌い方だったんですけど、それをやわらかく歌おうと意識しています。

◆声質は変わりましたか?

サンウ:そうですね。年を重ねて、だんだんいい感じになっていくんだなって感じています。たぶん60歳くらいになったら、結構完成度が高くなって、いい感じに歌えるんじゃないかなって思います。
(⇒もっと読む

(text&photo:Kiyori Matsumoto)

メールマガジンを購読する  

ヘッドライン

スター 2019年08月05日 14:44

Wanna One出身メンバーら、解散後半年過ぎた現在の活動まとめ!

Mnet「プロデュース101」シーズン2を通じ2017年8月にデビュー、超大型新人グループとして大きな人気を博したWanna One。昨年12月に契約期間が終了し、約1年6カ月にわたる活動を惜しまれつつ終えたWanna Oneのメンバーらの解散後半年過ぎた現在の活動についてまとめてみました。

ヘッドライン 2019年08月01日 00:29

東方神起、サマーソング本日発売!

31日、東方神起のニューシングル『Hot Hot Hot』がリリースされた。

ヘッドライン 2019年07月25日 12:07

「YG宝石箱」から誕生” 新人ボーイズグループ「TREASURE 13」、デビューが事実上延期に

YGエンターテインメント(以下、YGエンタ)の新人ボーイズグループTREASURE 13のデビューが事実上延期となった。

テレビ・ドラマ 2019年07月16日 14:34

カン・ジファン降板の「朝鮮生存記」、ソ・ジソクが代役に。救世主となるか、27日初登場!

カン・ジファン降板の「朝鮮生存記」、ソ・ジソクが代役に。救世主となるか、27日初登場

ヘッドライン 2019年07月15日 01:05

SUPERNOVA ジヒョク&グァンス&ゴニル、プロダクション尾木と契約締結・・・KARA出身ハラと同じ所属に

SUPERNOVAのジヒョク、グァンス、ゴニルが、仲間由紀恵、KARA出身のハラらが所属する日本のプロダクション尾木と契約を締結したことが伝えられ、話題だ。

ヘッドライン 2019年07月14日 01:31

BIGBANG T.O.P、除隊後の心境を公開「反省しながら生きる・・・すべてのファンに深い感謝」

BIGBANGのT.O.Pが、除隊後の心境を自身のSNSで公開し、話題だ。

ヘッドライン 2019年06月22日 20:41

CNBLUE ジョン・ヨンファ、Happy Birthday!世界中のファンがお祝い、フィルムコンサートも!

6月22日は、CNBLUE ジョン・ヨンファの誕生日だ。所属事務所であるFNCエンターテイメントは、公式SNSを通じてヨンファの誕生日であることを知らせ、「ジョン・ヨンファの誕生日を祝ってください」とコメントと共に、軍服姿のヨンファの近況写真を公表した。

発表・告知 2019年05月29日 23:19

SHINeeテミン、『FILA』とコラボレーショングッズを発売

SHINeeのテミンが初の全国アリーナツアー「TAEMIN ARENA TOUR 2019 〜X™️〜」でカジュアルファッションで人気のブランド『FILA』とのコラボレーションを実現した

発表・告知 2019年05月29日 00:22

東方神起ユンホ、初ソロアルバム「True Colors」6月12日発売!

ユンホは6月12日、全6曲が収録された初のミニアルバム「True Colors」を発売して本格的なソロ活動を開始する予定だ。

ヘッドライン 2019年04月23日 01:04

FTISLANDイ・ホンギ、ファンに感謝「大きな力をもらった」

22日夜、FTISLANDのイ・ホンギが自身のインスタグラムを更新してファンに感謝を伝えた。「おかげさまで、大きな力をもらいました。ありがとうございます」

アクセスの多い記事

Real Time Analytics